昆布:)

2019年11月23日 14:48
カテゴリ:つれづれ日記

ここ数日というか、カトマンズの引っ越しへ向けての動きが一気に加速した事と、iPhone6Plusがダウンした事で、少しだけバランスが取れているのかなとか、思考の世界も慌ただしアラキなのですが、そんな時こそ、深呼吸^^;で、昆布の話なのですが、いつも使っている昆布は、北海道産のもので、早く煮えるタイプの薄手のものと、しっかりしたタイプのものと、二種類を使い分けているのですが、昆布1つで、本当にいくらでも世界が広がるというか、味の世界はどこまでも追求出来るというか、昆布があるだけで、いろいろ、おいしくなる:)

昆布で、出汁を取り、そのだし汁だけを使うのですが、冷えたご飯の上に魚の干物を軽くフライパンであぶってほくほくにして乗せて、暖かい昆布出汁を注ぐ:)少し手を加えるなら、それに白ごま、アサツキ、わさびなんかがあると、なおさら、うまい:)これ、昆布の出汁が決めてなんだよね:)

長ネギをごま油で、たくさんたくさんとろとろになるまで炒めて、それに塩を入れて味を調えて、昆布出汁を注ぐ:)そこに、ゆで上げの卵麺、つまりラーメンを合わせると、ネギ塩ラーメンのできあがり:)と、なるのでした:)麺は、そー麺でも、うどんでも、冷や麦でも、お好みの麺で行けるのです:)

さらに、醤油差しに数切れの昆布を入れて置くだけで、醤油がまろやかになる:)角が取れるというか^^;先ほどの長ネギ昆布出汁スープにそんな醤油を注ぎ込むと、醤油味のスープになるし:)

と、いろいろ楽しんでいるアラキなのでした:)現在、白いご飯を食べることをやめてから10年以上が経過するので、ご飯物は、振る舞うだけで、自分では食べませんが、是非是非、昆布出汁を使い倒した、食を楽しんでもらいたいと思うのでした:)

そして、使い終わった昆布を再び調理するアラキの定番は、佃煮です:)大量のショウガと、鰹節、鷹の爪、蜂蜜、醤油、ごま油、ごま:)これらを煮詰めて、おいしいおいしい自家製佃煮のできあがりなのでした:)

あ、食べたくなってきた:)

さて、今日も気合・気愛で555!!!なのでした:)

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)